富士急ハイランドを日帰りで行く方法について

富士山をバックに家族やカップル、友達同士で遊びを満喫できる富士急アイランドは、日本有数のアミューズメントパークです。

スリルを満点に味わうことができる高飛車やド・ドンパ、ええじゃないか、FUJIYAMA、戦慄迷宮など多くの人気アトラクションが存在しています。また、トーマスランドやハムハムどきどきおうこくなど、キッズでも楽しめるコンテンツがあるので、ファミリーとして楽しめるのも人気の一つとなっています。富士急ハイランドは日帰りで訪れる方も多くいますが、その方法としては主に3つの方法で利用することが可能です。

高速バスによる方法では、関東圏や関西圏から各旅行会社でプランを用意されており、パスポートチケットが付いているプランや選べる乗車シート、トイレ付きなど高速バスでは最適となっています。一方、列車で行く富士急ハイランドの日帰りプランも用意されており、主に関東圏から利用できるプランが多くあるのが特徴です。直行なので乗り換える必要もなく、パスポートチケットも付いて割安での提供なので、利用する価値は十分にあります。

また、自分達で行くには、IR中央線大月駅まで行き、富士急行線に乗り換えて富士急ハイランドまで行くことができます。自動車を使った日帰りでは、長野や東京、静岡、名古屋など様々な方面から利用できるのが利点です。東名高速道路や中央自動車道があるため、誰にでもスムーズに行くことができます。

駐車料金に関しては普通車の場合1500円で、バイクの利用では無料になっています。富士急ハイランドの日帰りによるチケットは、中高生から大人までは1500円、3才から小学生までは900円で入場できます。他にも入園とアトラクション乗り放題のフリーパスや15時から利用できるナイトパスのチケットもあるので、最も適したものを選んで富士急ハイランドを満喫しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *