夜行バスで富士急ハイランドへ

落下速度や加速度など、すべてが国内の類似の施設にくらべて規格外といわれるさまざまなジェットコースターなどの絶叫マシンがあることで知られる富士急ハイランドは、若いカップルから子供連れまで人気のアミューズメントスポットです。

東京あたりからバスで富士急ハイランドに行く場合には、高速道路を通れば時間的には数時間程度で済むため、ある程度気軽に利用することができます。しかし、たとえば大阪や京都などから富士急ハイランドに行きたい場合には、移動のための時間を考えると、なかなか適当な手段が見当たらないものです。

そこで、こうした遠隔地から富士急ハイランドに向かう場合には、夜行バスを使うという手段が挙げられます。夜行バスの場合には、集合場所を夜間の遅い時刻に出発して、そのまま車内で仮眠をとっていれば、朝方にはすでに現地まで到着しているはずです。

バスの種類、グレードによっても違いますが、車内にはトイレがあったり、コンセントが座席に設置されていたりすることがあるため、車内でもそれほど不自由を感じることはなありません。何よりも、夜行バスの場合には、ほかの手段で富士急ハイランドまで行くことに比べると、格段に料金が安く、支払いも予約をしたあとでクレジットカードによる後払いや、身近なコンビニエンスストアの店頭での現金払いができるところも便利です。

現地のアトラクションなどの共通パスポートが付いているプランの場合には、さらに料金的なメリットも大きいといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *