ホスティングサービスの特徴について

自分のウェブサイトを表示するためには、レンタルサーバーが必要になります。

画像やファイルなどのデータを置くためにサーバーを使うことになり、利用者としては無料や有料でサーバーを借りてサイトを運営します。
サーバーを貸し出すサービスを行っている業者がレンタルサーバー会社で、ホスティング事業者とも呼ばれます。



無料レンタルサーバーでは、事業者の意図によっていつサービスが終了するかわかりません。
長い時間かけてせっかくサイトを作ったとしても、サーバーが無くなれば移転しなければならなくなります。
有料のホスティングサービス事業者と契約をしておけば、そのような突然の終了はありませんので、リスク回避につながります。



ホスティングサービスによるサーバーがなくなってしまうのは、事業者が倒産したときだけです。



その場合であっても独自ドメインを設定しておくことで、被リンクなどを維持したまま別のサーバーへ引っ越しすることは可能です。
ホスティングによるサーバーをレンタルするときには、月額料金が発生します。

現在では最初は無料サービスが提供されている場合もありますし、有料プランに移行したときであっても100〜200円ほどの月額料金でサーバーのレンタルができます。

セキュリティ対策やメールアドレス、各種のオプションを付けることも可能ですので、ニーズに合ったサービスを選択できる点も特徴です。

料金の支払方法としてはクレジットカード決済や、コンビニ支払いなど様々な方法が用意されています。

関連リンク

VPSと共有サーバーのシステム面での違い

VPSの利用料金が共有レンタルサーバーの料金とあまり変わらなくなってきたので、レンタルサーバーからの乗り換えを考えている人も少なくないでしょう。ただ、VPSと共有サーバーには運用システム面で大きな違いがあり、レンタルサーバーのつもりで契約すると後々大変です。...

more

VPSサービスで注目したい機能

VPSサービスはサーバを借りるサービスですが、単に早いサーバ使えるだけではなく、運用についても便利になっていることが多いです。VPSサービスを利用する場合、一般的には稼働している物理サーバの動作保証があります。...

more